HOME  >  ケーススタディ  >  ケーススタディ詳細 

ケーススタディ
英語メニューとは
  • 英語メニューがなぜ必要?
  • 英語メニューサービスのポイント
  • 翻訳スタッフについて
  • 仕上がりについて
もっと英語メニューを活用しよう!
ご利用ガイド
  • 初めてご利用の方へ
  • 価格表・お支払い方法
  • 納品/納期について
  • よくあるご質問

ケーススタディ case study

ケーススタディ詳細

店舗写真

Case01お菜屋わだ家銀座店 様

住所
東京都中央区銀座6-6-11
第4ポールスタービル B1F
電話番号
03-3569-0410
アクセス
J地下鉄日比谷線・丸ノ内線・銀座線
「銀座駅」B5 番出口より 徒歩 3 分
URL
http://www.wada-ya.com/ginza/
Q.英語メニューを導入しようと思ったきっかけは?
答え

日本の伝統と文化を再現した内装の「わだ家」は、観光や旅行に来られた外国のお客様も多くお食事いただいております。
当店では、全国各地から新鮮な食材を集め味覚満載のお料理を揃えており、そのような日本の味を国境を越えて味わっていただきたいと思い、英語メニューの導入を決めました。
しかし、日本の食は世界的に見て特殊な素材や味付けが多く、それを英語に訳し説明するにはさまざまな表現方法があると知りました。
より正確に、外国のお客様に日本の食を理解してもらえるように英語メニューサービスを申し込むことにしました。

Q.英語メニューを導入してみてどうですか?
答え

同じメニューでも素材や調理方法が異なる場合、それを翻訳するにはさまざまな表現方法があると、今回初めて知りました。
せっかく日本に来ているのだから、日本の食文化を知りたい、美味しいものを食べたい、そんな思いの外国のお客様に、最高のサービスを提供でき、多くのお客様を迎えられるお店ということで自信がもてるようになりました。
英語翻訳サービスは、リーズナブルでインターネットを使って気軽に利用できました。旬の食材を使った季節替わりの新作メニューをラインナップしているので、今後も、季節ごとにメニューをリニューアルする際は、利用させてもらおうと思っています。

お問合せ窓口 Mail:info@grandfesta.jp tel:03-5843-9279 受付時間:平日10:00~18:30 翻訳のお申し込みはこちらから お申込フォーム

ページTOPへ